イマークはカロリーも低いので安心して飲めます

イマークはカロリーも低いので安心して飲めます

ニッスイのイマークsは消費者庁より特定保健用食品の許可を受けた食品です。魚の持つ栄養素に着目して血液中にある中性脂肪を低下させる作用をもつ飲み物として注目されています。

 

イマークが注目されているわけ 

 

エイコサペンタエン酸(EPA)は青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種で、青魚には血液をサラサラにする働きがあります。これまで日本人は西洋人に比べて長生きだといわれてきました。それは魚をよく食べるという習慣があったからと考えられています。

 

しかし、近年の食生活の西洋化で、従来のように日本人は魚を食べることが少なくなったといわれています。

 

イマークはそのような日本人の食生活でとりにくくなってしまったサバやイワシのような青魚の血液をサラサラにする栄養分に着目して開発されました。EPAには継続して摂取することで血液中の中性脂肪を低下させる効果が認められています。

 

血中中性脂肪とイマークについて

 

このように注目されているEPAですが、もともとはグリーンランドのイヌイットたちの食生活の研究調査で発見されました。肉を主食として野菜をほとんどとらないイヌイットたちの健康の秘密はたくさんの魚を餌とするアザラシの肉でした。

 

血中中性脂肪は消費されず体内に蓄積された場合はメタボリックシンドロームなどの肥満に繋がります。しかし、血液をサラサラにすることができる青魚の栄養素を摂取することで、血中中性脂肪を下げて基準値を維持する効果が期待できるといえます。

 

イマーク1本にはEPAが600mg、DHAが260mg配合されています。厚生労働省日本人の食事摂取基準によると、EPAとDHAの1日摂取量は1gとされており、イマークを取り入れることでこの摂取量を補助的に補うことが可能になります。

 

イマークの健康と美容のメリットについて

 

イマークを毎日1本ずつ4週間から12週間飲み続けた人の血中中性脂肪値が減少したという研究データがあります。また、EPAをとることで肌の調子がよくなったという人もいます。イマークには健康面だけでなく美容面でのメリットもあるということです。

 

まとめ

 

イマークは血中中性脂肪を下げ、近年、日本人に足りなくなった栄養分を補う特定保健用食品です。サラリとしたヨーグルト味で、カロリーは1本あたり26kcalです。カロリーを気にする人やもっと美しくなりたい人が安心して長く続けて飲み続けることができる健康飲料です。